マメ知識

リムブレーキとディスクブレーキについて知ろう(編集中)

このBlogは後日動画を作るための台本代わりとしてまとめる。
まだまとまっていないものになるがあえて公開しておく。

ロードバイクを基本に考えてみる。クロスバイクもあまり変わらないと思う。
ディスクかリムかとよく言われるが実際にはそれだけではなく油圧式か機械式かということも関わってくる。
細かく分けるとリムブレーキにも機械式と油圧式は存在し、ディスクブレーキについても機械式と油圧式が存在する。
リムブレーキの油圧式というのはごく一部のトライアル車やTTバイクにおいて存在していた。
しかし今は殆ど見かけなくなったのでリムブレーキはほぼ機械式という理解でいいと思う。
ディスクブレーキは価格帯とグレードによって機械式と油圧式が存在する。

リムブレーキとは?ディスクブレーキとは?

【リムブレーキ】

車輪そのものの外周を直接挟み込んで制動する。
車輪そのもので止まるので構造はディスクに比べるとシンプル。
リムのブレーキ面の材質や加工もブレーキ性能に影響する。
ママチャリのフロントブレーキもリムブレーキ。
長期的にはブレーキングによってリムも減る

【ディスクブレーキ】

車輪中心のハブと言うところにつけられた円盤(ローター)を抑えて制動する。
リムブレーキに比べるとローター分のパーツ点数は増える。
リムにはブレーキ面の役割がないので加工自由度が高く、制動力はリムの材質や表面加工に依存しない。
ブレーキによってリムが減ることはない。

では機械式とはなにか?油圧式とはなにか?

【機械式】

レバーとキャリパーをケーブルで繋いでいる。
レバーを介してケーブルを引くことでブレーキを作動させる。
ブレーキを強く効かせるためにはケーブルを強く引く必要があるので、つまりレバーを強く握る必要がある。
適切な始末をしてあるケーブルであれば引きや動きを軽くできる。
直接的に制動力を上げることにはならないがロスは減らすことができる。
ケーブルの劣化により引きの効率は落ちる(動きは重くなる)
パッド(シュートも言う)が減った分だけ遊びが大きくなり、レバーの引き代も大きくなる。
(ある程度の調整は可能)

【油圧式】

レバーとキャリパーをホースでつなぎ中身をオイルで満たす。
レバーはポンプの役割をもっていてオイルをキャリパーに送り出す。
キャリパーは送られたオイルの圧力によりピストンを押し出し制動をかける。
(パスカルの原理を応用したもの)参考サイトあり。
レバー側へは少ない力の入力でもキャリパー側へは大きな力を出すことができる。
パッドが減った分だけピストンがせり出してくることで自動調整をしてくれる(限界はある)
(自動車のブレーキもパッドが減っても踏み代が変わらないのと同様)

    コメントを残す

    *