ライド

歩行者を追い越すとき

サイクリングロードなどで歩行者なり先行者なりを追い越す時どうしてるかという話。

そもそも私はレーサー志向ではなくファンライド派なので気張って走ること自体が少ない。噂に聞く、オラオラドケドケはもちろんやらないし歩行者と自転車との関係性のみならずよくないと思ってる。自動車が絡んだらいわゆる煽り運転だよね。

よく言われる話だがそもそもサイクリングロードや自転車道と名はあるものの専用道路でもないし、オープンでさまざまなペースの自転車と歩行者がいる。

人はある時は歩行者であり、またある時は自転車乗りでもある。これは一般道でも同じ。

歩いてる時は車やバイクに気を配り、信号があればそれを守る。

さて実際に追い越すなりするときはどうするか…

何らかの方法で存在を知らせることが必要。例えば

・車輪のフリーの音(擬音でいうとシャーとかカラカラとか言われる空走音
・ブレーキレバーを軽く弾いて音を出す
・遠くからさり気なくベルを鳴らす…
・所持品の振動音を出す…

などなど色々ありますが大事なのは

威圧感なく、お互い様で「ちょっとすいませんね、失礼しますよ」と配慮のもとに行えばきっとトラブルは少なくなるはず…(性善説)

歩行者自転車問わず先行者の脇を減速などの配慮なく通り過ぎれば、相手はヒヤッとするだろうしそこからムッとする…。

何らかの方法で音をたてて、存在を知らせる…
でも向こうも話しながら歩いてたりしたら気づかないこともあるかも…

そんなときは、私は遠目からすこし穏やか目のトーンで「こんにちわ〜」と声をかけます。

やはり挨拶されると気づきやすいようです。

すると相手も自然と道を譲ってくれます。

実際には私も、なかなか道を開けてもらえずイライラしてしまうこともありました。

でもそれを相手にぶつけてはお互いにイライラして事故を誘発してしまうかもしれません。

私なりに色々と考えて少しでも穏やかにやり過ごす方法として、「柔らかめにこんにちは〜」を心がけています。

コメントを残す

*