マメ知識

オーストリッチさんのエンド金具の種類について

こんにちは。

輪行の相談があっていろいろと話してたら思い出した小話。

輪行用品の総合商社w、オーストリッチさんのエンド金具の種類の話になりまして。

「エンド金具」というのは車輪を外したフレームの潰れ防止と縦型輪行するときのRメカとハンガーの保護に使用する金具です。

こんなふうに自転車を浮かせてRメカが地面に当たらないようにします。

車輪の代わりに取り付けるのでその固定方法によって大まかに分けると、最近多くなりました「スルーアクスル用」と従来からある「クイックリリース用」と2種類あります。

今回はそのクイックリリース用のエンド金具に2種類あるよ、というお話です。

こちらエンド幅135mm用
こちらはエンド幅130mm用

「エンド幅」というのは車輪の収まるスペースの幅です。

このフレーム内側の幅のことを言います。

ざっくりいうと130mmはロードに多く、135mmはエントリークラスのMTBに多いです。
クロスバイクは車種によってまちまちで、どちらも存在しますし、モデルチェンジで変わったりもします。

じゃぁどっちを買っとくのがいいの?って話なんですがそれが今回の本題です。

冒頭に出した2種類のエンド金具。

実はある一部を除いてなんと2つとも中身は同じなんです!

その違いとは…

違いはこのスペーサの有無!厚みは5mm。

え?それだけ?

と思いますよね?!じつはそれだけなんです!

いわゆる本体のこの部分はまったく同一!

つまりこのまま使うと130mm用。135mmで使うときはこの金具の外側に5mmのスペーサを挟んでかさ増しするだけ!

お手持ちのバイクが130mmのバイクだけ、という方は130mm用をお買い求めいただければ良いと思います。
メインは130mmのバイクだけど、サブのクロスバイクは135mmだった、という方は135mm用を用意すれば兼用できます!

130mm用を買ったけどあとから135mmにも使うことがある、とわかったときはなにか適当なスペーサでも対応できますし、お店で注文もできたと思います。(以前はできましたが、変わっていたらごめんなさい)

お店に行ったらたまたま135mm用しかなかったという場合でも135mmを買っておけば間違いはありません。

価格もそれほど変わらなかったと思います。

ためになるかわかりませんが、少しだけ「へぇ〜」と思っていただければ幸いです!

輪行は行動範囲を広げてくれる便利なツールです!

やり方を覚えてぜひいつものエリアの外まで行ってみましょう!
輪行講習会もやっていますのでぜひお問い合わせください!!

    コメントを残す

    *